トップ > ワンランク上の2×4ツーバイフォーを

隣地あきなし 狭い土地活用 RC建築工法

高橋監理のツーバイフォー住宅施工 品質で選ぶなら高橋監理のツーバイフォー住宅
柱や梁といった軸のチカラで構成される在来工法に対して、ツーバイフォーは壁や床といった面で構成される工法です。線で支えていたものが面に変わることにより、火災や耐震への強さはもちろん、空間の至る所に強い耐久性を持たせました。高橋監理のツーバイフォー建築では、その一つ一つの項目に着目し、ワンランク上の高級住宅をご提案しております。

ツーバイフォーの火災への強さ

昭和62年11月、建設省建築研究所で総3階建ツーバイフォー住宅の実物火災実験が行われました。1階キッチンから火が出たと想定。その後、40分たっても2・3階には火が回らず、3階に火が拡がって家全体が炎に包まれるまでに73分という結果が出ました。ツーバイフォーの火災に対する安全性は非常に高いと言われております。

ツーバイフォーの地震への強さ

建設省建築研究所が中心となって昭和62年9月にツーバイフォー3階建による、実物大耐震実験を行いました。重さ43トンの3階建の実物大の建物に少しずつ水平荷重をかけ、最終的に約18.6トンの荷重が加えられても十分に耐えられる、ということが実証されました。あの関東大震災時の最大水平荷重が8.6トンと推定されておりますので、この結果は関東大震災の強さの2倍以上の大震災にも耐えることをしめしています。

ツーバイフォーの床面の強さ

ツーバイフォーの床根太の断面の高さは通常24cmでスパン3.6mまで可能です。一方、在来工法の床根太は高さは通常12cm以下でスパン1.8mまでが限度となり、例えば8帖の部屋なら中央に梁が必要になります。この梁は部屋面積の半分の荷重をその下の柱に伝えますが、その隣の柱には伝えません。つまり在来工法では、ごく一部の柱にチカラが集中してしまいますので地震・台風などの極限状態では、[その柱]から崩壊が起きやすいのです。
この理由から、ほんとうは同じ強度を実現するには、在来工法はツーバイフォー工法より鉄骨造に近い大きな基礎が必要なのです。

ツーバイフォーの断熱と遮音性

ツーバイフォー工法では全外壁面に構造用合板を、全床面に15m/mの構造用合板を貼り詰め、そして全天井面は12m/m以上の耐火ボードを、内壁面はボードを天井裏まで貼り詰めますから、断熱材の働きと合わせて、在来工法よりはるかに高い気密性が確保されます。これによりツーバイフォー工法の住宅は、すべて高性能住宅となることがわかります。

ツーバイフォーの耐湿性

一般に湿気に弱いのがツーバイフォーの欠点と言われていますが、これは大きな間違いです。確かに気密性が高いので、内外温度差から結露を生じやすいのですが、規準通りの施工であれば問題は起こりません。これは、在来木造の高規格住宅と同じこと、つまり、普通の在来工法が「隙間だらけ」ということです。

ツーバイフォーのデザイン性と利便性

在来工法では、屋根裏部屋を作るには母屋がとても邪魔でした。その点、ツーバイフォーならスッキリ広々とできます。この在来工法の母屋は屋根回りの外観にも悪影響を与えます。また、ツーバイフォーは増改築が自由にできない、というお話をよくお聞きしますが、そのようなことはありません!ツーバイフォー工法の中には柱と梁による構造もあるのです。つまり、在来工法でできるものならば、すべてツーバイフォーでも出来てしまうわけです。

ツーバイフォーの価格の強み

ツーバイフォーは在来工法と比べて、使用する木材が2割多くなります。また、公庫を使わなくても公庫基準で行うため、ある程度以下にはコストが落ちません。建売住宅ではツーバイフォー工法が5%高いのが卸業者間相場です。

新仕様

ツーバイフォー準耐火の新仕様(標準仕様)
内部・・・
・システムキッチンはデザインと使い易さでクリナップ
・ユニットバス(UB)はトクラス(旧ヤマハ)の高級タイプ
・最新技術の全熱交換 24時間全館換気システム
・トイレは2ヶ所共ウォシュレット
・洗面も2ヶ所共三面鏡シャンプードレッサー
・階段には危険防止の手摺をすべて取付
外部・・・
・断熱はウレタン現場発泡で隙間のない確実施工
・外壁は外通気工法とし外壁材も金具止で棟換気迄標準
ペアガラスを全窓(WC・洗面等の小窓も)採用
・玄関ドアも断熱タイプの高級品
・1階の全居室にシャッター雨戸・小窓に面格子が標準
構造・・・
・住宅公庫の高耐久性基準をはるかに超えた性能
・基礎は特別頑丈なベタ基礎が標準です
・上下階の防音の為に特殊遮音床構造
保証・・・
・瑕疵保険の内容で30年間保証(10年ごとの有償メンテナンス条件)
・構造強度は建築基準法の2倍が当社の標準です
・さらに11項目の無料サービスがあります

坪単価

平成27年価格
一般地域 2×4 3階建
準防火地域 2×4準耐火 3階建
防火地域 2×4耐火 3階建
防火地域 重量鉄骨耐火 3階建
防火地域 RC耐火 3階建

新RCロイヤル

※上記の価格に関して
ツーバイフォー三階建の設計例法面積55,6坪(施工面積58.6坪)を上記の仕様で建築した場合の価格になります。
詳細の見積書をご提示致しますのでお問い合わせ下さい。

高橋監理の無料で診断・お見積もり・ご相談
オススメ商品
アース・ソーラーシステム
アース・ソーラーシステムとは
アース・ソーラー・ゼロシステム
価格について
地下室
地下室とは
価格について
隣地あきなしRC建築工法
隣地あきなしRC建築工法とは
RC ROYAL ロイヤル
価格について
高橋監理の家作り
高橋監理について
施工例のご紹介
マイホーム作り成功の3条件
住宅見学・体験について
見学会のご案内
展示場・イベント情報
会社概要について
ご挨拶
高橋監理の歴史
会社概要について
アクセスマップ
採用情報について
お問い合わせ・無料で診断
無料診断・お見積り・ご相談
お問い合わせ
よくあるご質問
高橋監理のサイドメニュー
高橋監理のe掲示板
日本救命具株式会社

高橋監理 ページトップへもどる
株式会社高橋監理[本社]
〒344-8511 埼玉県春日部市豊野町2-32-1
TEL:0120-789-778